etc

カップリング通信2 関ヶ原と川中島

こんにちは。前回のコラムを書いた後、激しすぎる自己嫌悪に陥ったわたしです。書いているときはちょっと萌えたりもしたんですけど、あとで読んでボーゼンとしました。

あ〜もう死にたい……書きたくない……あの原稿、消してくれないかなあ、っていうかこんな思いするならギャラちょうだい! と、悶々としながら編集さんに相談したところ、ビールを1杯おごってもらいました。いや〜言ってみるもんですね〜。しかも今回の、どう見ても無茶ぶりなお題までもらっちゃって、GWでゆっくり休んでいたら原稿催促の電話までかけていただいて、いま、わたしの心はドス黒い殺意で塗り固められてます♪

couple_2.jpg
【スペック】
・関ヶ原
岐阜県不破郡関ケ原町 ※町名の場合はヶではなくケ
関ヶ原の戦い(1600年10月21日)
豪雪地帯

・川中島
長野県長野市内、犀川と千曲川に囲まれたらへん。※川中島≠川中島地区(旧・川中島町)
川中島の戦い(1553年~1564年)
鉄道唱歌の27番と28番


【考察】
関ヶ原、川中島といえば歴史的に有名な戦の舞台ですよね。

まず関ヶ原の戦いについてですが、きっと日本史の授業で『一路オー!オー!(1600年)関ヶ原』と語呂合わせで年号を覚えたことがあるのは、わたしだけではないはず。どうやら豊臣秀吉死んだけど次の政権どうする? ということで、徳川家康派と石田三成派がもめたのがきっかけなんですね。そして全国の殆どの大名が東軍(徳川派)か西軍(石田派)に分かれて戦争をすることになります。結果は東軍が勝利し、その3年後には徳川政権による江戸幕府の開府。これが世間で言う、天下分け目の戦い……すごく…大事件です。ちなみに文献には、東軍の方が兵士数少なめでしたというような記述があります。これは、兵士少なめだけど勝ったよっ→家康さんネ申! にもっていきたかったからで、実際は東軍のほうが兵士多めだったとかなんとか。

一方、川中島の戦い。甲斐国(山梨県)の大名である武田信玄と越後国(新潟県)の大名である上杉謙信が、北信濃(長野の雪がより沢山降ってそうならへん)をどっちが支配するんだぜ? がきっかけで戦いがはじまります。12年間のうちで5回戦ったのですが、中でも4回目が非常に激しかったようです。結果、その4回目の舞台が川中島だったことからこの全5回の戦いは『川中島の戦い』と呼ばれるようになったそうです。そう、川中島の戦いとかいいながら、2回目と4回目以外は川中島ではない場所が舞台なのです。とりあえず世間一般で言う『川中島の戦い』は4回目のことを指すそうですよ。
結局5回も戦ったのに決着はつかなかったとかなんとか。


関ヶ原には関ヶ原ウォーランド、川中島には八幡原史跡公園(川中島古戦場)という施設があります。

関ヶ原ウォーランドは、敷地内に実物大の戦国武将コンクリ像が二百数十体も配置された歴史テーマパーク。銅像ではなくコンクリ像というところがポイントでしょうか。なんと武田信玄(亡霊)のコンクリ像もあるそうですね。そして傍には『我こそは武田信玄の亡霊じゃ!! もう争いはやめい!ノーモア関ヶ原合戦じゃ!』と書かれた立て札が。斜め上に熱い施設みたいですね。

川中島古戦場は4回目の戦いで武田軍が本陣を置いたと伝えられる場所のようです。但し、最前線からは2~3キロ離れているとのこと。元々、古戦場には石碑などが散在していたそうです。しかし大河ドラマ化のブームに乗っかって、古戦場の石碑や首塚を移動するなど整備を始めます。更に銅像や箱物を建てると歴史公園の完成!! 銅像と箱物はいいとして、石碑と首塚を動かすのはちょっと歴史ロマンぶちこわしな気がします。


関ヶ原ウォーランドはイメージ的にキレンジャー(別な意味であつそう)

八幡原史跡公園はイメージ的にミドレンジャー(残念)


【結論】
関ヶ原×川中島

「ほ〜ら、オレのはカッチカチだぜ〜(豪雪地帯だけに)」
「す、すごい……」
「どれどれ、川中島のは……って、えぇ! オマエ、もうこんなに濡れてるのかよ!!(川に挟まれているだけあって)」
「は、はずかしいっ!!」(じゅん)

……編集さん、もう地名は堪忍してください……。

想像力欠如のゆとり世代 中條ゆみ(仮名)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.shinjukuloft.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/1249

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

Copyright (C) 2007-2017 PinkMoon.Ltd, All Rights Reserved.