covergirl

黒薔薇保存会

文化放送のラジオ番組「堀江由衣の天使のたまご」から生まれたエロヴィジュアル系天使バンド・黒薔薇保存会が『ルーフトップ★ギャラクシー』に登場! 自称・堀江由衣の親友というユイエルをはじめとした、強烈なキャラクターのメンバーたちに話を訊いた。
テキスト:北村ヂン

0802_kurobara1.jpg

●全部「ド」からはじまるように曲を作ってます

——今回のシングルですが、今までの楽曲と比べて曲調もサウンドもロック感が増しましたね。
ユイエル 作曲は私がやってるんですが、最初の頃はロックがよく分からなかったんですよ。だからいきなりラップを入れてみたりとかして……。
Ma様 大失敗だったけどね(笑)。
ユイエル そういう大きな失敗を色々踏みつつ、徐々に修正して今に至ると。
——黒薔薇保存会をやるようになってからはじめて作曲に挑戦したそうですが、もう慣れましたか。
ユイエル 慣れてきたんですけど……、もうスランプに陥りました(笑)。だから今回「これで大丈夫なのかな」って思いながら曲を持って行ったんですが意外と好評で「今までで一番いい」って言われたんで、「今までのは何だったんだ……」みたいな気持ちにはなりましたね。
——最初の頃は鍵盤の白い所だけを使って作曲していたと聞きましたが、今回は黒い所も使ったんでしょうか。
ユイエル いや、使ってないです。黒いところまで使うとややこしくなるので、全部「ド」からはじまるように曲を作って、アレンジの段階でキーを変えてもらってるんですよ(笑)。
Ma様 意外と作曲って何とかなるもんだねぇ。
——歌詞に関しては、タイトルだけ振られてMa様が書いてるらしいですけど、毎回そういう感じなんですか。
Ma様 そうなんですよ。もともと黒薔薇保存会は作詞・作曲ユイエルっていう予定だったんですけど、作詞が嫌いらしくって。
ユイエル 苦手ですねぇ。
Ma様 で、一番最初のシングルの詞が三分の一くらい書かれた状態で僕にパスされて(笑)。もう穴埋め問題みたいになってるんですよ。それから何となく作詞は僕がやるようになったんですけど、自由に書いていいわけじゃなくて、一応オーダーがあるんですよね。「花火」っていう曲だったら「私が花火を見たときの思い出は……」っていう三行くらいのメモを渡されたり。いきなり「ハチミツとクローバーみたいな詞を作ってください」って言われたり(笑)。
ユイエル しかも前作の「BLUE HEAVEN」なんて、ただ単に青い衣装が着たかったっていう理由で(笑)。完全に衣装先行ですからね。
Ma様 今回も全く同じ理由で……。
ユイエル 赤い衣装が着たかったので(笑)。だから「レッド」がつけば何でもよかったんですけどね。
——そこで、なぜ「シグナル」だったんですか。
ユイエル レッドにつながる格好良さそうな言葉って考えて、「シグナル」かなって。
——格好良さそう……。だって赤信号ですよ!?
ユイエル そうなんですよねー。でもその時は気付かなくって、みんな「いいね〜」とか言ってましたから(笑)。

●普段明るくてかわいい曲を、どこまでマイナーで激しく出来るか

——今回はアレンジもかなり激しめですよね。
エルエル アレンジに関しては、僕とOYKTと、もうひとり普段からちゃんとそういうことをやってる影のメンバーがいるんですけど、プロのバンドって僕らみたいな音楽制作の仕方はしないじゃないですか。だから影のメンバーから「何をやっていいか分からないから、参考になる物をくれ」って言われるんですよ。で、参考曲を挙げるんですが、二曲目なんかはマキシマムザホルモンですからね(笑)。音的にも、今回は打ち込みとかなしでギターとベースとドラムしか入ってないんで、バンドっぽさが強くなってると思います。
——カップリングとして堀江由衣さんの楽曲のカバーが入ってますけど、あれはどうして入れようと思ったんですか。
ユイエル それもリスナーさんからの意見を参考にさせて頂いたんですよ。
Ma様 「こういうことをやってもらいたい」っていう意見の中から「じゃあ次はこれやろうか」みたいな感じでいつも決めてるんですが、その中に「カバーしてくれ」っていうのがあって。そのちょっと前にイベントで堀江さんの「Days」を演奏したことがあって、意外と楽しいなっていうのもあったんで。
ユイエル 普段明るくてかわいい曲を、どこまでマイナーで激しく出来るかみたいなところをやってみたかったんですよね。
——「魔法をかける」っていう歌詞がありますけど、「これ、黒魔術じゃねーのか!?」っていう雰囲気になってますもんね。
ユイエル 「子犬とじゃれてる」っていうフレーズも怖く聞こえますからね(笑)。カバーに関しては、イメージが違えば違う程面白いかなとも思うんで。
——でも、このカバー曲が、今までで一番ビジュアル系に近い曲になってるような気がしますね。
Ma様 曲と詞がしっかりしてるからじゃないですかね(笑)。
ユイエル それだ!(笑)
Ma様 だから、もう全部カバーでもいいんじゃないかと。

●まあ設定なんてのはね、いつでも変えられるから(笑)

——黒薔薇保存会といえば衣装も見所のひとつですが、今回は制服っぽい衣装になっていますね。
Ma様 わりとユイエルって制服好きらしくって、今回の衣装は待望だったみたいですよ。
——制服なのに、なぜかゼメエルさんがいきなり刀を持ってるのが謎だったんですけど。
ゼメエル それは……私が聞きたいです。
ユイエル 今回は一応、「黒薔薇学院を守る」みたいな設定が私たちの中だけであって(笑)。
Ma様 校門の前で「学園は俺たちが守る!」みたいな。ユイエルはスタンドマイクを持って、エルエルとOYKTは楽器で。
ゼメエル で、Ma様と私は何か武器を持とうってことになり、学校にありそうな物の中で……。
——刀なんかないでしょ、学校に。
ゼメエル Ma様が指し棒を持つことになったんで、それに似た物ということでなぜか私だけ刀だったという……(笑)。
ユイエル しかも、その後一切「学園を守る」とかいう設定を話してないから、ゼメエルの刀だけが浮いてるんだよね。
——ホームページにも各メンバーのプロフィールにえらく長い設定が書いてありましたけど、その設定もあんまり反映されてないですからね。
ユイエル あれもリスナーの皆さんが考えてくれたプロフィールを合わせて作ってるんですよ。
Ma様 まあ、それぞれの心の中で設定を考えてもらえればいいんじゃないかと(笑)。
——この黒薔薇保存会も企画物ながら意外と続いていますけど、今後の活動とかはどうなっていくんでしょうか。
ユイエル まあ、みなさん本業があるので、本業をおびやかさない程度にやってければ(笑)。リスナーさんから面白い案が来たら動くみたいなところもあるんで、リスナー・プロデューサーさん次第ですね。
Ma様 そして、リスナーが見慣れたら解散すると思います。
——ああ、違和感なくなっちゃったら。
Ma様 こんなバンド、どう考えても当たり前じゃないんだけど、何回か見てると当たり前になっちゃうんで、その時に俺たちは天に帰るのかな……。
ユイエル 地球を守って天に帰ると。
——え、そういう設定もあるんですか?
ユイエル 黒薔薇保存会っていうのは、地球の黒いモヤモヤみたいな物を赤い薔薇に吸い込んで黒い薔薇にして、その黒くなった薔薇を私たちが保存して持っていくことによって地球を平和にしているみたいな……。
エルエル そうなんですか!?
——メンバーにも伝わってないじゃないですか!
Ma様 ふたりだけで打ち合わせてる時にちょっと話しただけかもしれない。まあ設定なんてのはね、いつでも変えられるから(笑)。

●ユイエルのダークな面を出せたのではないかと思います

——じゃあ最後に、今回のシングルの聴き所を教えて下さい。
ユイエル 今回は意外と周りの人たちからは好評な曲になりまして、皆さんにも楽しんでもらえるかなと思ってます。それとカバー曲の「Happy happy*rice shower」も[type yui]とは全く違った[type black]バージョンでのカバーになってるんで、「黒薔薇保存会がやるとこうなるんだ」って思いながら聴いてください。
エルエル CDで聴くのも良いですけど、携帯の着うたでも聴いて欲しいです。あと、おまけのフィギュアを眺めながら聴くといいんじゃないですかね。
Ma様 雑誌的には、はじめましてな方もいらっしゃるかなとも思うので理解出来ないかもしれないですが、今日をきっかけに黒薔薇保存会をもっと知りたいと思ってくれたら、音楽シーンを掘っていっても見つからないと思うんで……、タワレコとかに行っても置いてないんで、アニメイトとかを探してもらえればと思います。
ゼメエル 私は普段、言葉責めというキャラ設定なんですけど、今回ユイエルとユニゾンで歌うところがあったりと歌はちゃんと歌っているので、普通に聴いてもらって音楽を楽しんでもらえれば嬉しいです。
OYKT 今回は二曲とも以前よりもよりダークに、よりバンドっぽくなっていて、ユイエルのダークな面を出せたのではないかと思います。特にカバー曲は、ユイエルのお友達の堀江由衣との差みたいな物を聴いて楽しんでもらえたらと思います。


0802_kurobara_JK.jpg

黒薔薇保存会 maxi single
「レッドシグナル」
NMAX−80003 2,000円(税込)
アニメイト・ゲーマーズ・とらのあな各店頭にて販売中
メンバー5人の携帯ストラップ用堕天使フィギュア5体付

黒薔薇保存会
★ラジオ番組「堀江由衣の天使のたまご」(文化放送・毎週日曜24:30〜)の中のコーナー「天たま軽音部」から生まれたバンド。企画物ながら着うたの配信や、コミケに合わせて新作をリリースするなど定期的に活動を行っている。ちなみにMa様は番組の構成作家、エルエルはスターチャイルドの堀江由衣担当ディレクター、OYKTは「天たま」の番組ディレクター、ゼメエルはウェブ担当。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.shinjukuloft.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/772

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

Copyright (C) 2007-2017 PinkMoon.Ltd, All Rights Reserved.