news

地獄のヒーロー、再び。今度の敵はエルフだ!

 『ミミック』や『パンズ・ラビリンス』などを手がけてきた映画監督、ギレルモ・デル・トロの人気シリーズ第2弾『ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー』が2009年1月9日、公開される。

 主人公はもちろん、赤い肌に折れた角、岩のような右腕にちょんまげヘアーという特異なスタイルでヒーロー界を震撼させたヘルボーイ(地獄出身。葉巻好き)だ。今回は地球を汚す人類を滅ぼすべく決起したエルフ族の王子と、熾烈な戦いを繰り広げることとなる。
 デル・トロ監督はこれまで、幼い子供が見る悪夢のような幻想世界を絶えず描き続けてきた。今回もその手腕は存分に振るわれており、特に中盤以降はありとあらゆるクリーチャーがごった返す悪夢見本市の様相を呈している。流石にメジャー作品だけあってオブラートに包んではあるものの、『黒い絨毯』も真っ青(黒)な「トゥース・フェアリー」や、どう見ても畸形一直線なトロール一家など、奥に見え隠れする悪夢的世界はいよいよ冴え渡っている。なかでも「トロールの市場」のシーンは、そこを観るためだけでも映画館に行く価値アリだ。(ちなみにもう1つの見所は、エルフの王子の戦闘シーン。「ジェット・リー並に機敏なエルフ」という、指輪物語ジェネレーションの先入観を全力で覆すモノが観られます)
 ストーリーは今回、ヘルボーイとヒロイン・リズの恋愛模様や水棲人間エイブの儚いロマンスなどがサブプロットとして織り込まれており、前作よりはライトな印象。ちなみに、メインプロットの『もののけ姫』的アース・コンシャスなメッセージが気になる人もいるかもしれないが、そこは気付かぬフリをして、様々なクリーチャーが織りなすファンタジー世界にドップリ浸かるのが正しい楽しみ方だ。
 そんなデル・トロ監督、次はいよいよトールキン(『指輪物語』作者)の『ホビットの冒険』に挑むとか。超楽しみ!(前川 誠)

『ヘルボーイ/ゴールンデン・アーミー』(東宝東和配給)は2009年1月9日(金)よりTOHOシネマズ六本木ヒルズほかにて全国ロードショー
0812news_hell.jpg

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.shinjukuloft.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/991

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

Copyright (C) 2007-2017 PinkMoon.Ltd, All Rights Reserved.