山本彩乃

あの人気アイドルが念願の声優デビュー!
TVドラマ『怪奇大家族』の天中殺子や映画『東京残酷警察』(超傑作!)の〝カッター少女〟などで良質なホラー映画ファンに強烈なインパクトを与えてきたアイドル、山本彩乃が、来春5pb.から発売されるゲーム3作品で声優デビュー! この取材中、憧れの声優が偶然通りかかったことで嬉しくて泣き出してしまった(取材は1時間ほど中断)彼女の2次元愛は、掛け値無しに本物だ!


0812hito_y.jpg2次元が大好きです!

——山本さんはアニメとゲームとニコニコ動画が趣味ということですが、いつ頃からハマったんですか?
 ニコ動が1年くらい前で、アニメとかゲームは19歳くらいからですね。それまでは全然魅力が解らなくて、むしろ避けて生きていたんですけど、ある日『ときめきメモリアル ガールズサイド』を友達に借りたのがきっかけで声優さんにハマって、その流れでアニメとかゲームが大好きになったんですよ。
——ハマり方がすごいですよね。以前ブログでオンラインゲームの『ファイナルファンタジーXI』について語ってましたが、いろいろと細かい指摘をしていて……。
 だってFFは大好きなゲームだし、それにわたし、白魔導師になりたかったんですよ。
——……え?
 もちろん無理だって分かってるんですけど、今でも秋葉原の武器屋さんとかでメイスを売ってるのを見ると「欲しい〜」って思っちゃいます。あと、一時期そういう本を読んで勉強もしたんですよ。なんか魔法というよりは、ハーブとかを使ってリラックス、みたいな感じでしたけど。
——そんな山本さんにとって、今回の声優デビューはうってつけですね。
 元々わたしは、ゲームの中のかわいいキャラクターになりたかったんですよ。それを友達に話したら「声優になってアフレコしたら(ゲームの)中に入るのと同じことなんじゃない?」って言われて、そのときからずっと憧れていたんですよね。
——「違う自分になる」という意味では今までやってきた女優業と変わらないですよね?
 違うんです! だって3次元は人間だし、〝萌え〟がないじゃないですか! 2次元は人間じゃないし、ドキドキするんです!!
——す、すいません……。そんな待望の声優業ですが、実際やってみて困ったことはありました?
 「声にならない声」ってあるじゃないですか。「……」っていうヤツ。それを声だけで表現するのが、すごく難しかったです。今からまたいろんなアニメとかを観て勉強しなきゃって思いました。


わたし、真剣です!

——さて、今回いろいろリリースがある中で、やはり注目は『アイテムゲッター』だと思うんですが、山本さんはここでディードリア・N・ブログナーという女の子を演じています。彼女はどういったキャラクターなんですか?
 寮長をしていて、中学生の割にはしっかりした女の子です。わたしの中ではいつも「汗マーク」が出てるようなイメージですね。おっとりとしていて、すごく面倒見が良いんですよ。個人的には学級委員長をイメージして演じました。
——共感できるところはありました?
 ディードリアは世話焼きなんですけど、そこはすごく共感できましたね。わたし、例えば友達と夜電話していて「明日○時起きなんだよね〜」って言われると、次の日その時間に起きて「起きてる!?」って電話したりとか。相手の都合とかお構い無しでやっちゃうんですよ。
——気が利くというか……。
 ありがた迷惑というか(笑)。でもディードリアもそういう感じで、いろんなことを教えてあげるんです。
——ちなみに、これから声優さんとしてやっていけそうですか?
 この前アニメの収録現場を見させて頂いたんですけど、かなり緊迫してしまいました(笑)。今から怖いですもん。やっぱり、やるからには「ちょっと声優に挑戦してみました」みたいに見られたくないですからね。だから真剣にやりたいし、そう思えば思うほど怖くて……。ただ「好きだから」っていうだけでできるお仕事じゃないんです! でも頑張ります!
——今後してみたいことは?
 コスプレですね。今3着だけメイド服を持っているんですけど、今後はお仕事でアニメのコスプレとかをたくさんしてみたいです。
——では最後に、来年の抱負を教えてください。
 元々ラジオが大好きだったんで、ラジオをやってみたいですね。あとプライベートでは、元々そんなに外が好きじゃないので、変わらず部屋でアニメを観ていられれば幸せです。
——ゲームなどにハマったのは19歳の頃ですよね? それ以前は部屋で何してたんですか?
 ただただボーッとしてました。よく家族に心配されてましたよ(笑)。今はアニメとゲームとニコ動があるんで、大丈夫です。そうだ、来年は時間が出来たらこっそりと動画をアップしてみたいと思います!
(撮影 藤井樹/取材・文 前川誠)


【プロフィール】
やまもと あやの
1986年4月12日生まれ。東京都出身のA型。'02年、全国女子高生制服コレクションで『7up! baby's』に選出。'03年には日テレジェニックにも選ばれ、アイドル活動や映画、ドラマ、舞台などで活躍。存在感のある演技で強烈なインパクトを残す。そして'09年春、「アニメ、ゲームが3度のメシより大好き」という熱い思いが通じ、声優デビューを果たす。
■オフィシャルブログ
http://blog.livedoor.jp/ayano_y/


【インフォメーション】
0812hito_y_j1.jpg
NINTENDO DS『アイテムゲッター 〜僕らの科学と魔法の関係〜』
2009年春発売予定
http://5pb.jp/games/ItemGetter/
(C)2009 5pb. Inc.


0812hito_y_j3.jpgNINTENDO DS
『キモかわE!』
2009年3月5日発売予定
通常版 5,040円(税別)/初回限定版 7,140円(税別)
http://5pb.jp/games/div2/kimokawaE/
(C)2008 5pb. Inc.


0812hito_y_j2.jpgPlayStation 2
学園放浪アドベンチャー
『ヒャッコ よろずや事件簿!』
2009年春発売予定
http://5pb.jp/games/hyakko
(C)カトウハルアキ・フレックスコミックス/ヒャッコ製作委員会
(C)2009 5pb. Inc.

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.shinjukuloft.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/983

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

Copyright (C) 2007-2017 PinkMoon.Ltd, All Rights Reserved.