covergirl

滝沢乃南

グラビア、女優、FX(外国為替証拠金取引)など様々なジャンルで活躍しているアイドルの滝沢乃南ちゃんが、今度はオリジナルアルバム『PEACH』で音楽の世界に本格進出! アイドルのCDという枠には収まらない正当派ガーリーポップなアルバムを完成させた乃南ちゃんを直撃!

テキスト・写真:北村ヂン

0808_nonami_l.jpg

●グラビアアイドルの枠を超えたアルバムを作りたかった

 グラビア、女優、歌手など幅広く活動をしている乃南ちゃんですが、もともとはどんなことをやりたくて芸能界に入ろうと思ったんですか。

「最初は女優と歌手をやりたかったんですよね。でも事務所の意向として、まずは顔を売るためにグラビアをやった方がいいっていうことだったので、ほとんどグラビアのお仕事ばっかりやっていたような時期もありました。最近になって徐々にお芝居や歌もやらせて頂けるようになってきたので、念願かなってという感じですごく楽しいです!」

 その中の歌手としての活動ですけど、今まではアニメソングや他のアーティストさんの楽曲のカバーなどが中心でしたよね。

「そうですね。一枚目のシングルは最初からアニメソングのカバーっていう企画が決まっていたので、『残酷な天使のテーゼ』っていう自分の大好きなアニメソングを選びました。二枚目は好きなアーティストのカバーでいいって言われたので、BOØWYの『B・BLUE』を選んで……。まあ、年齢的にはBOØWY世代では全然ないんですけど、八つ離れた姉がいるので、その影響で昔からBOØWYや80年代のバンドなんかを聴いていたんですよね(笑)」

 それ以外だとどういう音楽を普段は聴いているんですか。

「渡辺美里さん、山下久美子さん。あとは元・PIERROTのキリトさんが今やっているAngeloっていうバンドなんかもよく聴いてます。実はロックが好きなんですよ」

 今回のアルバムは全曲オリジナル曲ということで、いよいよ本格的に音楽活動開始という感じだと思いますが、作るに当たってどんなアルバムにしようと思いましたか。

「とにかくロックをやりたいとは思っていました、やっぱり好きなんで! まあ今回はテイスト的にはファンタジー・ロックと言うか……」

 ……ファンタジー・ロックって何ですか? 聞いたことがない言葉ですけど。

「えーっと、JUDY AND MARYのYUKIさんみたいなイメージなんですけどね。バックの音はちゃんとロックなサウンドを出しているんだけど、そこに乗っかるボーカルはかわいい感じで……という」

 ファンタジーって言うんですかね、それは? ところで今回、作詞にも挑戦したそうですけど。

「はい、一曲だけなんですけどね。恋愛の歌、しかも片思いの歌なので歌詞を書くのはなかなか難しかったです。周りの友達から体験談や思い出話なんかを聞いて、色々と情報を集めて作りました。結果的に、片思いなんだけど『恋愛に対してがんばっていくぞ!』っていう感じの歌になったと思います。聴いてくれた人に共感してもらえたら嬉しいですね」

 今までカバー曲を歌っていたのが今回はオリジナル曲、しかも自分で作詞した歌ということで、それを歌った感想はどうでしたか。

「やっぱり難しかったですね。今まではカバーだったので、オリジナルのアーティストさんの歌を参考にしたりも出来てたんですけど、それがオリジナル曲になると自分で一から世界観を作って歌わなきゃならないじゃないですか。だからどういう風に歌って表現すればいいのかはすごく悩みましたね。とりあえず、かわいらしくは歌おうと思っていましたけど。片思いの歌なので、片思いしてるようなかわいらしい女の子を想像してもらえるような感じで歌いました」

 今回のアルバムは、参加しているアーティストの方々もすごく豪華なメンツですよね。

「そうなんですよ! 本当にありがたいことですよね! PERSONZの本田毅さんやDe+LAXの宙也さん、榊原秀樹さん、元・黒夢の人時さん、そして鼠先輩など沢山のすごい方々に協力して頂きました」

 アイドルがCDを出すっていう時に集まってくれるようなメンツじゃないですからね。

「やっぱり、やるからにはグラビアアイドルの枠を超えたアルバムを作りたかったんですよね。……まあ私はアイドルなんですけど、グラビアの時はグラビアの私、歌の時は歌手の私っていう感じで、別人格でやっていきたいですね」

 オリジナルアルバムも出したことで、これからはやはり音楽を中心に活動していきたいという感じなんでしょうか。

「いや、むしろ今まで以上に縛らないで色々な活動をしていきたいなと思っています。グラビアもいざやってみたらすごく楽しかったし、歌でもお芝居でもMCでも、変にこだわらずに何でもやってみて、色んな私を見つけていきたいなって思ってます。その中から将来的に絞ってやっていければいいんじゃないですかね。今、興味あることはトークかな。音楽番組のMCなんかをやらせて頂いてるんですが、まだまだな部分が沢山あるんで、もっともっとがんばっていきたいですね」

 それじゃあ歌に関しても、あまりジャンルにこだわらずに様々な曲を歌っていきたいという感じで。

「そうですね。前まではロック一本でやりたいと思っていたんですけど、オリジナルのアルバムを作らせて頂いたということで、改めて歌って難しいなと思う部分もあり、逆に面白いなっていう部分もあり。だからジャンルにこだわらず、もっと色んな歌を歌っていきたいなって思うようになりました。まあ、もっとコテコテのロックもやってみたいんですけどね、一応は(笑)。バックがすごく激しい、X JAPANみたいな……いや、そこまではいかない感じですけど(笑)。それと、これからはライブもどんどんやって、お客さんと一緒に楽しんでいきたいですね!」

★1985年12月14日生まれ。埼玉県出身。グラビアなどを中心に活動を開始。2005年テレビドラマ『ウォーターボーイズ2005夏スペシャル』で、強烈なキャラクターの女子高生役を演じ女優デビュー。2007年『のなみん天使 ~愛と正義のために~』で歌手デビューも果たし、ジャンルを問わず幅広く活躍中! 愛称は「のなみん」。

【INFORMATION】

1st.フルアルバム!
0808_nonami_JK.jpg『PEACH』
UPCH-1616(CD+DVD)
¥3,900 (税込)
2008.08.20 RELEASE !

滝沢乃南 New Album「PEACH」
レコ発トークショー&ワンマンライヴ

■トークライブ
2008年9月6日(土)
会場:SHINJUKU NAKED LOFT■ワンマンライブ
2008年9月20日(土)
会場:SHINJUKU MOTION

滝沢乃南オフィシャルブログ「不器用で身勝手なdiary
http://ameblo.jp/nonami-takizawa/

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.shinjukuloft.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/876

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

Copyright (C) 2007-2017 PinkMoon.Ltd, All Rights Reserved.