news

平山夢明の実話都市怪談集『東京伝説』が朗読化

 怪談ってーのはもともと落語や口伝などの「音」で聞くモノでありまして、今書籍という形で出回っていること自体が別メディアにコンバートしている、という事なのであります。『鳥肌口碑』なる著書もあるほど、もともと「口による語り」を意識している平山夢明さん。作品がCD化されるってのは当然の流れっちゃ流れですな。

 ただ問題があるとすればこの商品、原作者の平山さん本人が製作をご存じなかった、言うならば「ダマ」な商品だってことでしょうか。結構最近はそういうのが増えて来ているらしく、漫画版『いま、殺りにいきます』もダマ。まあそういった作家本人が把握しきれない商品が出るのもこのジャンルの定め、平山人気の証といえますね。

 ともあれ余人に真似できぬ「平山節」を決定づけた「not霊/おばけ怪談」の基地外・ストーカー談である「東京伝説」。女性の被害者、話者が圧倒的に多い(前書きで毎回刊行されるたび女性読者に犯罪への注意をよびかけています)この名作を、魅力的な女性の声により耳で改めて聴くというのもまたオツなもの。被害者気分でドキドキゾォ〜ッとしながら楽しむもよし、現実に実行したら手が後ろに回るストーク加害者体験を女性の声に重ねてバーチャル体験するもよし。いずれにせよ新鮮なエンタメ感覚が味わえる事間違いないでしょう。原作文庫本もぜひ読んでね。チェキラ! (論月外)

0708_hirayama.jpg
『東京伝説 溺れる街の怖い話』ドラマCD(朗読:じまんぐ/声優:有川知里、他)は1500円でベルウッドレコードより発売中。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.shinjukuloft.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/691

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

Copyright (C) 2007-2017 PinkMoon.Ltd, All Rights Reserved.