covergirl

小明(あかり)ちゃん

『ルーフトップ★ギャラクシー』創刊号の表紙を飾ってもらったのは、出演者としても観客としてもプラスワンの常連となりつつある小明ちゃん。8月から台湾留学する予定ということでその辺の話をいろいろときいてみた!
テキスト:北村ヂン 写真:鈴木公平

0708_akari1.jpg

 もうすぐ台湾へ留学するということですけど、もともと興味があったんですか。

「いや、特別台湾じゃなきゃ!! ってことはないです。強いて言えば台湾出身のビビアン・スーが好き過ぎて、写真集とか家宝にしてて(笑)。台湾は一回行ってすごくいい所だったし、まるっきり見切り発車です。大丈夫かな、私」

 語学留学っていうことなんですか。

「そうですね、北京語を勉強しに! そもそも『小明』って中国人の名前らしいんですよ、ネットで自分を検索すると中国の男の人の名前ばっかり出てくるんで。なもんで、全く中国の血は入ってないんですけど昔から不自然なまでに中国びいきで、中国映画とか大好きで」

 小明って、本名なんですよね。

「本名です。なぜ『小明』で『あかり』って読むか自分でもナゾなんですが、たしか産まれたときに未熟児気味に生まれたんで、『小さくてもせめて明るく育て』みたいな感じで(笑)。産まれたときからもう諦め? って思いますけどね。いやぁ、大きくならなかった……背丈も、芸能界でも……(しみじみ)」

 中国に興味を持ったのに、なんで台湾にしたんですか。

「はじめは上海が良かったんですけれど、いつの間にか台湾に決まってましたね。まだ全然未定なんですけど、向こうでお仕事の話もあったりして。なので、いつか上海や北京にもいきたいと思ってます。財が続けばですけど……(遠い目で)」

 でも今、中国にいったら相当いいネタ拾えそうですよね。

「ギャー! 肉まんとか無邪気に食べられなさそうですよね(笑)。でもさすがに私も我が身がかわいいんで……。いや、でも台湾は本当にいいところなんですよ! すごい親日だし、ご飯もおいしいし、料理に変な物も入ってないし(笑)。北京語の初心者にはいいんじゃないかな」

 北京語を勉強しようと思ったのには「やっぱりこれからのビジネスチャンスは中国にあるぜ」みたいなのがあったんですか?

「そうですね、でも、あまり商業ベースに乗れる体質じゃないので、たぶん無駄かと……。アイドル仕事がなくなったときにつぶしが利くかな? なんて(笑)。今も「絶対○○になるぞ!」とか貪欲な野望みたいなのはぜんぜんないので、もう、私将来何になるつもりなんだろう……若干不安になってきました」

 今は肩書き的にはなんだっていうことになってるんですか?

「うーん、アイドルっていってるわりにはアイドルの仕事もそんなにやってないし、ライターとかやらせていただいているんですけど、私ライターよ!! って言える実力もまだないと思うし……非常にめんどくさい存在ですよね。こんな女が表紙で申し訳ないです」

 いえいえ(笑)。ただ、いろんな所で小明さんの人気が盛り上がりつつある時に台湾にいっちゃうの? っていう感じもするんですが……。

「私もまさかレギュラー番組が始まるなんて思ってもみなかったもんで。どうせ暇だからライター業のネタ探しも含めて留学を決めたら、急に番組が決まりだしたんで、びっくりですよね。仕事を受けるときに前もって「夏に消える予定ですけどいいですか?」って聞いて、OKなところのだけやってました」

 期間的にはどれくらい滞在する予定なんですか?

「あ、全然考えてないですね。いつまでいるんだろう? いられるだけいたいですけども、財が尽きたら帰ってきそうですが……いや、そうなると帰って来られないのか……(遠い目で)」

事務所をやめてフリーになったときも突発的でしたけど、なにか行動を起こすときは大体そういうパターンなんですか。

「事務所辞めたのは、グラビアに本当に向いてなかったからかなぁ。最後の方はもう服を脱ぐ仕事がイヤでイヤで……でも事務所の人には言えなくて。そしてたら円形脱毛症とパニック障害になっちゃって……。それで辞めてフリーになったら楽になれたんですよね。だから今の私があるのはハゲとパニックのおかげですね」

 そんなに向いてないんだったら、なんでグラビアアイドルになろうと思ったんですか!

「はじめは気付かなかったんですよ! でも思春期特有の『私イケてるんじゃないの?』的な勘違いとか、いろいろあって。でも自分のグラビアを見たら『こりゃ無理だわ……』って。もちろん売れなくて(笑)。それでも事務所にいると、露出を上げてでもグラビア! みたいな感じで、それで頭がハゲて、ハゲてるのにエナメル質の過激な衣装でM字開脚している自分を客観的にみたら『私、変なところに着地してる!』ってびっくりして(笑)。だから辞めて正解でした……」

 辞めてからはサブカル系に邁進して、仕事も面白い方向に?

「前よりはずっと! でも実際サブカル系の知識もあんまりないので、肩身狭い狭い! 自分はどんだけ浅いんだっていうのを感じますよ」

 ちなみに台湾にネット環境はあるんですか? ブログは続けます?

「ありますよ! たぶんプラスワンよりも携帯通じます! 連載もパソコン持っていけば、ほとんどなんとかなりそうだから、ぶっちゃけ活動は前とあんまり変わらないかも(笑)」

それじゃ最後に日本のファンにメッセージをお願いします。

「月一くらいで帰国して日本の仕事も続けたいと思っているので。どうか忘れないでください(笑)。帰ってきたときにはロフトプラスワンでもイベントやりたいですね」


小明(あかり)
●85年1月14日生まれ。千葉県出身。血液型B 型。グラビアやドラマ、DVDなどを中心に活躍していたが、2006年に事務所を離れフリーアイドルとしての活動をスタート。ブログなどで発揮される文才には定評があり、現在ではライターとしての活動も増えている。2007年8月より台湾へ留学予定。愛称・あかりん。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.shinjukuloft.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/678

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

Copyright (C) 2007-2017 PinkMoon.Ltd, All Rights Reserved.